観る

ホーム > 目的で探す:観る

文化

若桜迎賓館

わかさげいひんかん

築約80年(昭和9年築)の古民家を、格式高い伝統と趣、風情を残し和風造館として改修。 多種多様な交流施設として、平成28年11月19日にオープン。 接遇(おもてなし)、交流(多種交流)、イベント、展示(生け花など)、研修に利用可。

カテゴリー:観る

詳細を観る

若桜民工芸館

わかさみんこうげいかん

築約100年の古民家(旧中尾邸)を改修し、若桜町に縁のある方々の民工芸品を展示している施設で、平成27年8月にオープンしました。特に土鈴については、2,000点を展示しています。若桜の伝統的な町屋造りと庭園をご覧いただきながら、町内外の皆さんが憩える場所となっています。

カテゴリー:観る

詳細を観る

昭和おもちゃ館

しょうわおもちゃかん

若桜宿内の旧家を改装して平成24年3月にオープンした昔懐かしい「昭和おもちゃ館」です。 店先には駄菓子やおもちゃが買える売店があり、奥には有料の展示ゾーンがあります。

カテゴリー:観る

詳細を観る

伊勢道の道標

いせみちのみちしるべ

この道標は江戸時代の庶民の伊勢参りのための道しるべとして建てられたもので、当時の京方面への本道は鳥取や智頭方面の人々も若桜を通り氷の越えを越えていました。

カテゴリー:観る

詳細を観る

若桜橋

わかさはし

山紫水明の小都に美観を添える若桜橋は延長82m、有効幅員5.5m。昭和9年に地方では初めてのコンクリート橋として完成しました。

カテゴリー:観る

詳細を観る

若桜郷土文化の里

わかさきょうどぶんかのさと

四季を教えてくれる山々に囲まれ、頂上に国史跡「若桜鬼ヶ城跡」が在る鶴尾山と、山下の城下町若桜が一望でき、向かいには式内社「意非神社」が在り、施設内に目を向ければ、前、後ろに庭園を配した民俗史料館、無動山永福寺山門(いずれも若桜町文化財指定)や県指定保護文化財の三百田氏住宅、そして木工体験施設とギャラリーを併せ持つ「たくみの舘」等があり、若桜の自然、歴史、文化、民族等が楽しめ、体験できる文化ゾーンです。

カテゴリー:観る

詳細を観る

平家隠棲の洞窟

へいけいんせいのどうく

壇ノ浦の合戦で敗れた平清盛の弟、平経盛が落ちのびて、この岩窟に隠れたと言われています。

カテゴリー:観る

詳細を観る

若桜弁財天

わかさべんざいてん

古くから「べんてんさん」と親しまれ、商売繁盛や縁結びの神様として知られています。毎年9月初巳の日に大祭が行われます。

カテゴリー:観る

詳細を観る

若桜鬼ケ城跡

わかさおにがじょうあと

 若桜宿の南 鶴尾山にあり、因幡の名城のひとつです。  平成20年に国史跡に指定されました。

カテゴリー:観る

詳細を観る

若桜神社

わかさじんじゃ

古くから松上大明神と呼ばれ、元弘3年に後醍醐天皇が京都に遷幸のとき、名和長年が参拝して鉾を奉納したと伝えられています。社殿までの200段の石段にトライしてみてはいかがですか。

カテゴリー:観る

詳細を観る

不動院岩屋堂

ふどういんいわやどう

修験道寺院の建築として知られ、国の重要文化財に指定されている天然の岩窟内にある舞台造りの建物です。本尊の不動明王は日本3大不動明王の一つと言われています。

カテゴリー:観る

詳細を観る

仮屋通り

かりやどおり

家と道路の間に幅1.2mほどのひさしがついた私道で豪雪地帯ならではのアーケードです。

カテゴリー:観る

詳細を観る

蔵通り

くらどおり

かつての城下町の名残として、旧家の白壁土蔵群の通りが約300m残っており、往時の若桜宿の繁栄ぶりをしのばせています。独特の情緒をかもしだし、格好の散歩道となっています。

カテゴリー:観る

詳細を観る

若桜駅

わかさえき

昭和5年国鉄若桜線開業と同時に完成した転車台や給水塔などの一連の蒸気機関車設備が当時のまま残っています。SLの運転体験を始めメニューは盛り沢山です。

カテゴリー:観る

詳細を観る

自然

たき

若桜には数多くの滝が町内全域に点在しており、代表的な滝として諸鹿七滝、幻の滝、つく米権現滝などがあります。

カテゴリー:観る

詳細を観る

諸鹿渓谷

もろがけいこく

周囲を圧倒する屏風岩をはじめ、諸鹿七滝など緑と紅葉、森林浴の諸鹿渓谷は21世紀に残したい日本の自然100選に選ばれています。

カテゴリー:観る

詳細を観る

つく米棚田

つくよねたなだ

日本の棚田100選にも選ばれた景観の美しい若桜の棚田。この風景は日本のふるさとの宝です。

カテゴリー:観る

詳細を観る